キャリプロホーム > 履歴書・職務履歴書作成ツール > 履歴書・職務経歴書作成ツール

履歴書・職務経歴書作成ツール

これで完璧!履歴書&職務経歴書の書き方

第一印象は履歴書&職務経歴書で決まる

履歴書・職務経歴書は企業の採用担当者が面接するかどうかを決める大切な材料です。
特に、書類選考の第一印象は履歴書で決まります。

書き方や内容で人物像を判断する会社も少なくありません。また、その内容は、面接の際に聞かれる質問にも大きく影響します。

自分自身を正しく理解してもらい、採用担当者に「会ってみたい」という興味を持ってもらえるよう書くことが大切です。

履歴書&職務経歴書の書き方

下記はあくまでも一般的な書き方です。希望する業種、職種によって内容も変えることが大切。キャリプロにご登録いただくと、詳しくアドバイスができます。

履歴書・職務経歴書は自己PR
効果的に自己アピールできる書類を作成する必要があります。中途採用、経験者採用の場合、独自性と適性が重視されます。
そこで、市販履歴書という指定がない場合は自作の履歴書が望ましいでしょう。
また、今までどのような仕事をしてどれだけの成果を上げてきたかを伝えると有効です。
ターゲットに照準をあてる
作成にあたっては、応募職種に照準を合わせることが必須。
今までの自分の中から洗い出した「できること」「できそうなこと」「やりたいこと」「やれそうなこと」にプライオリティをつけ、効果的に自己能力をアピールするように組み立てます。
職務経歴書は自分のプレゼンテーション資料
職務経歴書からプレゼンテーション能力を判断されるので、文学的表現は避け客観的な尺度で具体的に書くことがポイント。
  • 履歴書フォーマットのダウンロード
  • 職務履歴書のフォーマットのダウンロード

履歴書の記入例

履歴書ダミー1

A 日付

  • 基本的には面接日を記入する。
  • 郵送する場合は、提出直前の日付を記入する 。

B 写真

  • 基本的にカラー写真を使う。
  • 3ヶ月以内に撮影した証明写真がよい。
  • 表情は爽やかに、髪型は清潔なイメージで写す。
  • 写真の裏には名前を記入する 。

C 現住所・連絡先

  • 都道府県は省略せず、建物の名称や番号も詳しく記入する。
  • ふりがなは、漢字のみに付与する。
  • 電話番号は自宅か携帯電話のどちらかは必ず記入する。

D 学歴・職歴

  • 学歴の1行目には「学歴」と記入する。
  • 学校名は省略しない。
  • 小中学校を記入する場合は卒業年度のみ記入する。
  • 学部や学科、専攻も記入する。
  • 職歴の1行目には「職歴」と記入する。
  • 入社した会社は全て記入する。
  • アルバイトやパート勤務でもアピールになれば記入したほうがよい。
  • 職歴の次に賞罰を記入する。(特になければ「なし」と記入する。)

履歴書ダミー2

E 免許・資格

  • 応募先の業種や職種に関係なく、持っている資格は全て取得順に記入する。
  • 現在取得を目指して勉強中のものがあれば、記入してもよい。

F 自己PR(特技・趣味・得意科目等)・志望の動機・本人希望記入欄

  • ほとんどの会社で質問されるので、簡潔に答えられるように記入する。
  • 空欄や「特に無し」は避ける。
  • 自分の経験や実績、発揮できるスキル、仕事に対する考え方や思いなどアピール点について記入する。
  • 志望動機は今までの経験を活かして、次はこんな仕事にもチャレンジしたいと書くと効果的である。
  • 職種や勤務地の希望は記入したほうが良い。
  • 逆に給料面は記入するより、面接時に聞かれたら口頭で伝えたほうが良い。

→履歴書のサンプルを見る[PDF形式:84KB]

職務経歴書の記入例

職務経歴書の鉄則

記入の仕方がある程度決まっている履歴書と違い、職務経歴書は自分の魅力を自由に表現することが出来ます。 今までの経験・成果・学んだことなどを具体的に書きましょう。
営業実績など数字で表せれば、更にアピールすることが出来ます。逆に苦労したことなどでも、苦難を乗り越えられる人材として見ますので、記入するのも良いでしょう。

採用側は、「この人が入社したら会社にどんな貢献をしてくれるのか」と考えます。
経歴が分かりにくいと落とされやすいので、シンプルに記入して、最大限の自己PRを心がけましょう。

→職務経歴書のサンプルを見る[PDF形式:232KB]

ページの先頭へ